これも新しいソイフード? 京都・醍醐寺名物の「醐山ゆばカレー」

湯葉。

豆乳を加熱した時の表面にできる薄皮で、お吸い物の具にしたり、お刺身のようにお醤油につけてそのまま食べたりと用途が広い食材です。ヘルシーで京都風なフードとしてすっかりお馴染みですね。

都として長らく「王朝文化」の中心地であった京都で、栄養価の高い食材として受け継がれてきた湯葉。平安時代の「有職料理(ゆうそくりょうり)」、鎌倉時代の「精進料理」、室町時代の「本膳料理(ほんぜんりょうり)」から「懐石料理」へと、日本の食文化の中で受け継がれた、まさに世界遺産『醍醐寺』に相応しい食材です。

IMG_4637

この湯葉をカレーにどっさり(!)入れた『世界遺産 京都 醍醐寺 醍山ゆばカレー』。「卍」という字をインスパイアする雰囲気のパッケージがなんとも言えません。

 

■そもそも「醍醐寺」って…?

醍醐寺は聖宝理源大師が貞観16年(874年)に創建。開創後、醍醐・朱雀・村上三帝にわたる深い帰依により山上に薬師堂・五大堂、山下に釈迦堂、法華三味堂、五重塔が落成し、山上山下にわたる大迦藍(だいがらん)が完成しました。以後、貴族や武士の支援を得て、三宝院をはじめとする御堂(みどう)が建立され、真言密教の中心的寺院として多くの信仰を集めています。

その後応仁の乱など相次ぐ戦争で下醍醐は荒廃し、五重塔しか残らないありさまでした。しかし豊臣秀吉による「醍醐の花見」を契機に秀吉並びに秀頼によって金堂や三宝院、また山上では開山堂や如意輪堂などが再建されました。平成6年にはユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

 

■醍醐寺に詳しくなったところで、いざ実食

ビーフのかわりに短冊状の湯葉がどっさり。結構ムセるほど入っています……。湯葉の肉厚さが大きなニラのような存在感です。大豆からできた湯葉はタンパク質が多めなので、やはり加熱すると歯ごたえが出ますね。

京都の飲食店やカフェなどで提供される湯葉は、ここ最近“ほろろととろける系”が多い印象なので、筆者にとっては逆に新鮮でした。とろ湯葉や生湯葉といった、なめらかな口当たりの湯葉が観光客に好まれているんでしょうか?

京都観光で食べる湯葉はいまいち物足りない、もう少し歯ごたえがほしいなんて方にはむしろ喜ばれそうです。

IMG_4643

IMG_4638

ルーは小麦粉とタマネギベースで、基本は濃口ビーフカレー。にんにくと香辛料の辛味が口に広がり美味しいです。和風なお味かと思いきや、ちょっとボルシチっぽい……固めのテクスチャーのルーです。

 

■総評

カレーの味 ★★★☆☆

辛さ    ★★☆☆☆

本格度   ★★☆☆☆

ニンジン、お芋など大きめのお野菜がゴロゴロ入っていて、とどめは大量の湯葉。京都の雅を感じるというよりかは、意識高い系女子に捧げるヘルシーカレーでした!

【画像】

※ Patryk Kosmider/Shutterstock

★ご購入はこちらから!ギフトにも★

醐山ゆばカレー 200g

醐山ゆばカレー 200g

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。