「食べること、すなわち生きること」本格レトルトの曼荼羅のスープカレーを食べた結果

筆者にとって、レトルトでここまで「本格的」と感じたカレーは初めてでした。

27907109_1743939222355233_373352775_o

出自は、北海道札幌市西区に店を構えるスープカレー屋「曼荼羅」です。

■スープカレーって普通のカレーじゃないの?

札幌発祥のスープカレーは、日本のカレー料理の一つで、そのヒントとなったのは、中国・朝鮮の薬膳スープです。

スープカレーの特徴といえば、やっぱり「ルーがさらさらした、スパイスの効いたスープ状のカレー」です。

一般的にカレーライスというと、家庭で食べるカレーを思い出しますよね。

あれは通称「ルーカレー」と呼んで区別され、全く別物なのだそうです。

そんな本格的スープカレーが、レトルトで食べれるっていうんだから、食べるしかないでしょう!

ってことで実際に食べてみたいと思います。

27846611_1743939035688585_1619715440_o

■スープカレー発祥の地、札幌に店を構える「曼荼羅」とは!?

北海道札幌市西区に位置する札幌スープカレー屋「曼荼羅」。

札幌西区のスープカレーなら「曼荼羅」らしいです。

曼荼羅ホームページ(http://mandara1.com/concept.html)によれば、こだわりは3つあり、

(1)強い火力で、一気に旨みを引き出した、透明感あるスープ。

あっさりと爽やかなのどごしは、毎日食べてもあきない味を追求してたどり着きました。

(2)食べる事、すなわち生きること。

「医食同源」を基本に、生命を養い健康である事に欠くことのできない、「食」という事を、スープカレーを通して提供していきたいと思います。

(3)当店では白米の他、スープによく合う玄米もご用意しております。

お肉と野菜の栄養、そして数々のスパイスの効能が溶け出したスープは玄米と合わせることで、さらに美味しく、健康的に召し上がっていただけます。

ということだそうです。

27946687_1743940629021759_582236456_o

■食べること、すなわち生きること

筆者が食べる前に、気になったのは、2番の「食べること、すなわち生きること」です。

ここでぴんときた、曼荼羅というお店、実は仏教に関連する言葉なのです。

そういった想いがあり、店名を「曼荼羅」にしたのかもしれませんね。そんな想像を勝手に膨らませながらパッケージを見てみました。

レトルトカレーになのに、マスターや本店ママの顔が見れるんですね。

なんだか、食べる前から親近感が湧いちゃいます。

■人生初の札幌スープカレー、食べてみた

27902214_1743939322355223_1475143051_o

■味の評価は!?

カレーの味 ★ ★ ★★★

辛さ       ★ ★ ★☆☆

本格度   ★ ★ ★★★

スパイス     ★ ★ ★★★

■もはやレトルトじゃない、本格スープカレー!

食べてみた結果、これはレトルトカレーの域をはるかに超えていました……。

もはやレトルトカレーではなく、本格的なカレーではないかと思いました。

「本物のカレー」ってスパイスが絶妙に効いてるじゃないですか。

食べた感じ、全然辛くないんですよね。

ただ、汗がめちゃくちゃ出るんです!

流石、薬膳スープカレーといったところです。

あなたも、曼荼羅のレトルトスープカレー食べてみては?

いつか札幌に行って、店舗のカレーを食べてみたいものです。

 

【参考】

曼荼羅ホームページ:http://mandara1.com/concept.html

★購入はこちらから!ギフトなどにも★

曼荼羅札幌スープカレー

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 3パック

%d