お金がなくても…優雅な気分になれる「極上カレー」をみつけた

筆者はレトルトカレーにうんざりしていた。

お鍋でグツグツして、温まったらレンチン白米にタラーッとかけて、最終的に「たいして美味しくないな……」と思いながら食べる。

独身OLがひとり寂しく食べるテキトーご飯という感じがして、切ないのだ。

せめてカレー自体が美味しければ救われるのだろうが、

これまで私が食べてきた(レビューを担当した)カレーは、メロンカレー・バナナカレー・紅芋カレーの3つで、個性的ではあるものの正直どれも美味しくはなかった。

一生懸命働いて、レトルトカレーなんかじゃなくて(失礼)、帝国ホテルやニューオータニあたりのカレーを食べる人生を歩もうと心に決めた。

そんなレトルトカレーに絶望気味の私が、今回ご紹介するのはハチ食品の『百年目のカレー ビーフカレー 中辛』。

3

パッケージはこれまで私が食べたレトルトカレーよりずっと、高級感が漂っている。

しかし、それだけで私の気持ちが上がるはずもなく、「百年目ってなんだよ。腐ってるんじゃない?」などと悪態をついていた。

※ 国産初のカレー粉製造から100年という意味合いらしい。

箱から、袋を取り出すとこれまた高級感ムンムン。

2

「百年目のカレー 100th anniversary……」

同じことを2回言っている。金色ピカピカだし……なんて主張の強いカレーだろう。さっさと食べてしまおう。

お湯を沸かしカレーを温めている間、ふとパッケージ裏面を見ると“盛り付け例”が紹介されていた。

1

なんだこれは!!! 美味しそうではないか! お肉がゴロンと乗っていて、帝国ホテルのビーフカレーに似ている。

一瞬テンションが上りかけた。

……が、筆者は知っている。

レトルトカレーのパッケージに写るお肉は7割増であることを。本当のお肉はもっともっと小さく、薄く、ほぼ見えないんだ。

5分経過。

お皿にサトウのごはんをよそって、上からカレーをかける。

4

ほらほらほらほら! お肉小さい!

パッケージに載っているお肉よりずっとずっと小さい! しかも少ない!

筆者は騙されなかった。謎に誇らしい気持ちになる。

この分だと、味も期待できないな……。そんなことを思いながら、まずはカレールーをひとくち。

ん!? !? !? !? !? !? !? !? !? !?

もうひとくち。

むむむっ!? !? !? !? !? !? !? !? !? !?!? !? !? !? !? !? !? !? !? !?

信じられない……。レトルトカレーなのに美味しすぎる。

辛すぎず甘すぎず、旨味がギュウギュウに詰まっていて、
ひとくち食べる度に高級洋食屋さんで食事をしている気分になる。カレーというよりはもっと上品な、ビーフストロガノフに近いかもしれない。

お肉も身がしっかりしており、ジューシー。

5

ついさっきまで、「小さい! 小さい! ほらみたことか!」とバカにしていたお肉が、キラキラ輝いて見える……。美しい。

桜が散ってしまうからこそ美しいように、お肉も小さく少量しか入っていないからこそ、その美味しさを感じることができるのだ。

今、良いこと言った。

筆者は好きなものは最後に食べるタイプだ。お肉は残しながらカレーを食べ進め、最後にガブッといただいた。至福の時間だった。

「百年目のカレー ビーフカレー 中辛」 をAmazonで大量購入しておけば、帝国ホテルにもニューオータニにも行かず、優雅で幸せなカレーライフを送ることができそうだ。

じゃあ、一生懸命働かなくてもいっか。

なーんてね。

今日のひとこと

「レトルトカレーにも美味しいものはある。」

 

【商品情報と評価】

百年目のカレー ビーフカレー 中辛
¥ 354 / 箱 内容量:1箱あたり220g

味    ★★★ ★★
辛さ   ★★☆☆☆
高級感  ★★★★★

 

★購入はこちらから! ギフトなどにも★

ハチ食品 百年目のカレー(中辛) 1個

ハチ食品 百年目のカレー(中辛) 1個

 

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 3パック

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。