【検証】「日本一辛い」カレーをどこまでおいしく食べられるのか

“日本一辛い”カレーをどこまでおいしく食べられるのかが今回の記事のテーマ。なぜこのようなテーマなのかは、このカレーを選んでしまったから……。

IMG_4191.jpg

 

■辛さを和らげるアイテム

辛いものが特別苦手ではない筆者ですが、“日本一辛い”と書かれているカレーをレビューしなくてはならないと知り、どうにか“辛くない”状態でカレーを食べたい……その一心でたどり着いた答えはこれらのアイテムたち。

IMG_4192.jpg

ドレッシング5種とケチャップにマスタード、そして乳関連飲料が辛い食べ物と相性がイイと某YouTuberから学んでいたので、飲むヨーグルトを用意しました。

 

■開封の儀

IMG_4196.jpg

香りから辛味がわかる。鼻の奥をツンとさしてくる感じ。コレはヤバい……。

まずは一口そのまま食べてみました。

IMG_4197.jpg

「辛ッッッッッ旨ッッッッッ辛ッッッッッ辛ッッッッッ!」

辛味の中に旨味がいることは確か。ここで成分表示を見てみました。

IMG_4194.jpg

玉ねぎとチキンエキスあたりが旨味の様子。牛肉は大きなゴロゴロとしているものが2つ入っていました。

なんでこんなに辛いのか調べてみると公式HPによれば、このカレーに使われている唐辛子は『黄金(おうごん)』と呼ばれているものだそう。鷹の爪(赤唐辛子)の10倍の辛味成分を持つ日本一辛い唐辛子(日本食品分析センター調べ)なんだとか。通りで辛いわけです。

 

■とりあえずONしてみた

それぞれとカレーのマッチのレベルを5段階評価で感想とともに述べたいと思います。

すりおろし野菜…★★★★★

うまい。野菜の旨みがマッチ。なんだこれうまい。しかし後から辛味はやってくる。

■和風…★☆☆☆☆

口に入れた一瞬だけマイルドに。しかしながらその後猛烈な辛味。本来の辛さより辛い気がする……!

■シーザー…★★★☆☆

特に変化なし。逆になんかこんなに変化しないことあるのか……。

■ごま…★★★★☆

マイルドさが格段にアップ。とても食べやすくなりました。

■青じそ…★★★★☆

全部青じそが味を持っていく。最後にちょっと辛味残る感じ。

■ケチャップ…★★☆☆☆

辛さもほとんど消えず味も微妙な感じに……。しかし辛さの状況は何も変わらないので★2つでした。

■マスタード…★★★☆☆

マイルドさが少しアップ。味はそれほどマッチしないので★3つ。

このような結果となりました。

おすすめはやはり“すりおろし野菜ドレッシング”! びっくりするほどおいしく食べられ、

製造元の方々には申し訳ないと思いつつも、全ての組み合わせを試食した後は、“すりおろし野菜ドレッシング”の残りをカレーに全てかけて食べました。

 

■完食して感じたこと

IMG_4198.jpg

【総評】

カレーの味 ★★★★☆

辛さ    ★★★★★

コスパ   ★★★☆☆

辛さはやはり一級品。完食後は周りの人達に「顔めっちゃ赤いよ」と言われるくらい汗をかきながら完食しました。

結局あまりの辛さに某YouTuberおすすめの乳製品も大量摂取しました。

IMG_4199.jpg

意図せずして辛いものを食べざるを得ない状況になった時は、とりあえず乳飲料を買いに行きましょう。

なんとか無事(?)に“日本一辛い”に打ち勝つことができたと思います。

みなさんもぜひこの機会に、乳飲料とすりおろし野菜ドレッシングを持って、この『黄金一味仕込みのビーフカレー』をお試しください!

 

★購入はこちらから! ギフトなどにも★

黄金一味仕込みのビーフカレー

サトウのごはん 新潟県産コシヒカリ 3パック

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。